すっぽん生酵素プレミアムは、女優の杉田かおるさんも注目している話題のきれいの為の栄養が一つで届く贅沢なサプリです。

すっぽん生酵素プレミアムは、黒酢の120倍のアミノ酸が含まれているすっぽんを使用し、生きた酵素を作り出す、ショウガ麹を配合、さらに、最近話題のヒト由来の乳酸菌を配合した、美容に特化したすっぽんサプリメントです。

しかし、@COSMEの口コミに、すっぽん生酵素プレミアムを飲んで、でニキビが増えたとの書き込みが…。

そこで、本当にすっぽん生酵素プレミアムを飲んで、でニキビが増えたのかについて検証してみました。


<目次>
・すっぽん生酵素プレミアムを飲んでニキビが増えた体験談

・すっぽん生酵素プレミアム!ニキビが増えた体験談からわかる真相とは?

・なぜ、すっぽん生酵素プレミアムが選ばれるのか?

お気軽に試せる!ぷるぷる定期便ご購入はこちら >>

すっぽん生酵素プレミアムを飲んでニキビが増えた体験談

@cosmeのクチコミサイトで、すっぽん生酵素プレミアムを飲んでニキビが増えた書き込みを紹介します。

【34歳 KRRさん(評価5)】
疲労回復と美肌効果を期待して購入しました。

飲み始めて10日ぐらいでしょうか、朝の目覚めが良くなりまいた。

また、髪の毛の潤いもアップしたように思います。

しかし、飲み始めてニキビがではじめたので、飲むのをしばらく止めていましたが、朝の目覚めが良くなるので飲むと、ニキビが3か所くらいできてしまいます。

口コミでも、そう書いている方もいたのですが、自分は大丈夫と思っていましたがダメでした。

疲れがひどい時だけに飲むようにしています。

以上が、すっぽん生酵素プレミアムを飲んで、ニキビが増えた口コミです。

では、なぜ、ニキビが増えたのか?て検証してみました。

すっぽん生酵素プレミアム!ニキビが増えた体験談からわかる真相とは?

なぜ、すっぽん生酵素プレミアムを飲んでニキビが増えたのでしょうか?

みなさん、好転反応の症状ってご存知ですか?

好転反応とは、体が良好に向かう時に起こる、一時的なカラダ反応のことです。

マッサージなど、血行やリンパの流れをよくした後に起こることがあります。

生酵素サプリは、酵素を活性化させて血行を良くしたり、内臓の働きを正常化させる効果が期待できます。

体内の働きが良好になると、体の中に溜まっていた毒素を排出しようとする動きが起こるため、好転反応が起こるのです。

ニキビができたのも、皮膚細胞の毒素を排出しようとする働きが、一時的にニキビ増やした可能性があります

しかし、これは一時的なものです。

口コミでは、「ニキビがでてきたから止めた」と書いていましたが、もう少し継続すれば、ニキビは治まったのではないかと思われます。

もし、「すっぽん生酵素プレミアム」を飲んでニキビや吹き出物が出た場合でも、しばらく継続してみたは如何でしょうか?

只今、お得な定期コースを用意しています。

この機会にぜひ、お試しいただければと思います。

 


すっぽん、酵素、乳酸菌、コラーゲン!が入った奇跡の「いづや すっぽん酵素」

 

体内で作ることができない必須アミノ酸や必須脂肪酸をとれる「すっぽん」は、話題の必須栄養素として近年TVや雑誌で大きく取り上げられ、美容に敏感な女性を中心に広く認知されてきています。




すっぽん生酵素プレミアム
公式サイトでは、お得に試せる!ぷるぷる定期便を用意しています。 詳しくはこちら>>

なぜ、すっぽん生酵素プレミアムが選ばれるのか?

すっぽん生酵素プレミアムは、美容に特化した成分が配合されているすっぽんサプリです。

美容に欠かせない、コラーゲン成分が豊富にあるすっぽんは元より、すっぽんのコラーゲンを、より届けやすくするための酵素や摂取した成分を効率よく吸収させるために腸内環境を整える乳酸菌を配合しています。

さらに、しっとりモチモチの成分「プロテオグリガン」や赤の力でサビと戦う「アスタキンサンチン」、バリアゾーンの保湿成分「セラミド」も配合しています。

すっぽん生酵素プレミアムは、80種類の植物発酵エキスに、活きた酵素を作り出すショウガ麹、腸内環境を整える生きた善玉菌、ヒト由来のビフィズス菌と乳酸菌、高分子難消化性ファイバー、フラクトオリゴ糖からつくられています。

さらに各成分を効率よく補う成分として、70種類のミネラルを含む海草ミネラル、10種類のビタミン、ヒアルロン酸でできている、今までにない完璧なサプリメントだから、多くの方に支持されているのです。



すっぽん、酵素、乳酸菌、コラーゲン!が入った奇跡の「いづや すっぽん酵素」
体内で作ることができない必須アミノ酸や必須脂肪酸をとれる「すっぽん」は、話題の必須栄養素として近年TVや雑誌で大きく取り上げられ、美容に敏感な女性を中心に広く認知されてきています。






このページの先頭へ