肩を本来の位置に戻し、背中の筋肉を下げやすくします。最後に腕を下ろしたところが、正しい肩の位置。デスクワークなどで前かかみになりがちな人は、より念入りに行って筋肉をほぐしてあげましょう。股は、体の横からよりも前から上げるほうが上がりやすく、肩を大きく動かすことかできます。

【やり方】
①手のひらを上に向けて、両腕を体の前で伸ばします。②息を吐きなから両腕を真上に上げ、いったん息を吸います、③息を吐きなからひじを曲げ、両手を背中の腕のつけ根あたりにあてます,④大きく両を回しながら、できるだけ後ろの位置で腕を下ろします。






このページの先頭へ