年を重ねて背筋が衰えると、猫背になりかちです。さらに、パソコン作業やデスクワークが多いと、肩が体の前に出ている時間か長く、顔か下がる原因になります。本来の位置にない固まった筋肉をほぐすように、肩と背骨を怖ぱしましょう。体を横に倒すときは、前かがみにならないように。

【やり方】
両腕を真上に伸ばし、できるだけ後ろの位置で手のひらを合わせ、息を吸います。息を吐きながらゆっくりと体を横に倒し、倒せるところまでいったら息を吸い、再び息を吐きなからゆっ<りと元の位置に戻ります。反対側も同様に。



このページの先頭へ