疲れをためないために、健康的な生活を心がけています。
食事は野菜をできるだけたくさん使い、味付けも薄めに心がけています。子どもがいるので肉料理や揚げ物など脂っこいものが多くなりがちなので、サラダをつけたり、肉料理をしたら翌日は魚や和食にするなどしています。幸い子どもも味の濃いものが好きではないのでなんでも食べてくれます。

また、毎日散歩や自転車で出かけるなど軽い運動もしています。運動が苦手なのでハードなものはできませんが、散歩などなら気分転換にもなり、適度に疲れるので夜ぐっすり眠れます。体重が少しずつでも減ってくるので嬉しくなります。

睡眠も大切で、つい夜更かししてしまうこともありますが、そうすると次の日体がだるくなってしまいます。なので、できるだけ23時までには寝るようにし、7時には起きるようにしています。
あとはストレスがたまったり疲れてイライラした時は旦那にぐちったり、たわいもない話をすることでストレス解消しています。こどもの寝顔を見るだけでも疲れが緩和されますし、労ってくれたりするとまた頑張ろうと思えます。

そしてたまにマッサージに言って体をほぐしてもらいます。1時間ほど揉んでもらうと体が軽くなり、スッキリします。
これらで疲れを翌日に残さないように気をつけています。






このページの先頭へ