ストレスって生活してればどうしてもたまってきちゃうものです。
そこで私が心がけてるのは上質な睡眠をとることと朝早く起きて自分の時間を持つこと。
つまり、一日の始まりと終わりの過ごし方にきをつけることです。

上質な睡眠をとるための秘訣としてはまず、寝る3時間前までに食事を済ませるようにしています。
胃腸を休めないとどうしてもしっかり眠れませんから。
そして、寝るときの服装も大事です。
私は寝るとき、決して部屋着やスウェットでは眠りません。
寝るときはかならずパジャマを着ています。

部屋着とかと違って、パジャマは寝るための服装なので着るだけで体が勝手に睡眠モードになります。
そして脱ぐと、睡眠モードが解除されるのでしゃっきり目ざめることができます。
パジャマを着るようになってから寝付きも寝起きもよくなりました。
寝付けないと疲れを引きずって結果ストレスも解消されなくなるんです。
上質な睡眠は絶対にストレスを溜まりにくくすると思います。
ぜひお気に入りの素敵なパジャマを見つけることをおすすめします。

上質な睡眠をとると、朝早く起きることもそんなに苦ではなくなります。
朝早めに起きて、仕事や家事を始める前に、音楽聴いたり、ヨガをしたり。
自分だけの特別でハッピーな時間を過ごしています。
誰にも邪魔されない時間をもつだけで、人は満足できます。
そういう時間が少しあるだけでもストレスはたまりにくくなります。
朝を幸せな気分で始めることで、性格がポジティブになってストレスがたまりにくくなった気がします。






このページの先頭へ