人間の目は、色の波長によってピントの合う位置が異なります。黄色を基準として、赤は奥、緑は網膜の手前でピントが合うようになっています。緑のものにピントを合わせようとすると、水晶体を薄くしてピントを後ろにずらすため、毛様体筋がゆるみます。つまり、緑を意識的に見ることで、目の疲れがとれる効果があるのです。



このページの先頭へ