入浴は汗を流す、体を洗ってさっぱりするためだけでなく、のんびりとお湯につかって心と体の緊張をときほぐせれば、もう安眠は約束されたようなもの。ぬるめのお湯がおすすめです。反対に熱いお湯につかると交感神経が刺激されて、目かさえてしまうので気をつけて。もし、熱いお風呂に入る場合は寝る2時間前までに入りましょう。

【タイミング】

お風呂から上かって、体温か下がり始めるときに眠リにつくと、安眠できます,体が冷えきらないうちに、30分以内に床に就けるように調整して、入浴時間を決めてください。

【温度】

38~40℃のぬるめの温度が最適です。筋肉の緊張をほぐし、精神的な疲れもゆるんできます。入浴菊間は20分くらいを目安に、ゆっくりと体を温めます。

【香り】

好みのエッセンシャルオイル3~5滴に、大さじ1杯の粗塩、日本酒などを混ぜて浴槽に入れると、お湯によくなじみ、さわやかなハープの香りか立ちこめます。

–リラックス効果のあるアロマオイル–

【ラベンダー】

紫色の小さな花を咲かせるシゾ科の植物から抽出されている,イライラしているときに効果的。

【ローズウッド】

クスノキ科の常緑樹から抽出され、バラのようなフローラルな香り。心を穏やかにする。

【ペパーミント】

清涼感のある香りで、気分をスッキリさせてくれる。高ふった心と体のクールダウンも。



このページの先頭へ