体は昼間の活動で筋肉が硬くなり萎縮しています。この筋肉を解きほぐすにはストレッチがいちばん,さらにストレッチには副交感神経に働きかける効果もあり、体か眠りに入る準備を始めます。また、眠ろうとすると、いろいろなことが浮かんできて眠れなくなる人は、このストレッチをしなから、「頭をからっぼ」にしてあげましょう。

1.立った姿勢で、全身の力を抜いてリラックス。手足を振りて、ブラブラさせましょう。

2.首をゆっくりと10回ほど回したら、逆回りでもう一度。手首と足首も回します。

3.腕と肩を回します.片腕ずつ前回し、後回しで各5回。肩のこりがほぐれていきます。

4.伸びをしなから背すじ・わき腹を伸ばします,天をつくように大きく伸ばすこと。

5.腰を伸ばします。胸を張り、下腹に力を入れて。そのまま前後左右に軽く振ってもよい。

6.最後にゆっくりと深呼吸。深く息を吸って、その息をすべて吐き出します。



このページの先頭へ