仕事や勉強で一心に集中して、数時間だつと、鼻水が粘調になり、色が黄色くなるという現象が起きます。

 

これも疲れによる症状のひとつなのですが、なぜ、こういったことが起こるのでしょうか。

 

まず、鼻水が粘調になるのは、交感神経が緊張して、分泌現象が抑制されるからです。逆に、副交感神経が優位になってリラックスしている時は、分泌が促進されるので、サラサラした鼻水が出ます。

 

私の経験からすると、だいたい、1時間から2時間半くらい交感神経優位で興奮していると、分泌抑制がきて鼻水が粘調になります。鼻詰まりはしないのですが、
鼻をかんだ時に、ズルッとして出にくくなるわけです。

 

交感神経の緊張をさらに続けると、今度は鼻水が黄色く変色してきます。これは、交感神経優位で、顆粒球が増え、常在菌と反応して膿をつくるからです。私の経験ですと、だいたい4時間くらい集中すると、そうなります。鼻をかむと黄色い鼻水が出ます。

 

鼻が粘調になってきたら、交感神経優位が続いているので、ちょっとブレイクを人れて、副交感神経優位にしたほうが、その後の疲れも重くならないでしょう。

 

このように、体の微妙な反応に気づいて対処できるかどうかで疲れ方も違ってくるわけです。

 

お酒を飲んで、二日酔いをした経験のある人ならわかると思いますが、二日酔いの場合には、尿が出にくくなり、のどか渇き、鼻をかむと黄色い粘調の鼻水が出るでしょう。これらは、すべて、交感神経の緊張によるものです。

 

お酒を飲むと最初は副交感神経優位になって大いにリラックスするのですが、数時問たつと、今度は交感神経緊張となります。二日酔いになるほど飲んでいるなら、交感神経興奮の極限を翌日以降まで引きずっていることになります。

 

風邪の引き始めは、副交感神経優位のリンパ球の戦いで始まるので、最初は鼻が詰まり、鼻水は、サラサラしたものが出てきます。そして、風邪が治るころには鼻水は黄色になって、顆粒球の反応に移って終わります。

 

鼻が詰まるのは、粘膜の血管が拡張して、血流が豊富になり、粘膜が腫れているため。ストレスで交感神経が優位になった後に、反動として副交感神経が優位になって起こる現象と言えます。

 

つまり鼻詰まりは、ストレスを受けた後、そこから脱却しようとする体の反応なのです。

 

特に、もともと副交感神経優位のタイプで、リンパ球が多い人は、ストレスを受けた時に鼻が詰まりやすくなります。子どもの頃は、副交感神経が優位となり、リンパ球が多いため、鼻詰まりの子が多いのです。大人になるにしたがい、自然と鼻詰まりは少なくなります。

 

副交感神経優位が原因の鼻詰まりを治すために使われる薬は、交感神経刺激薬ですですから、たくさん使うと、鼻詰まりは取れるけれども心臓がドキドキするという症状が出てきます。交感神経が刺激されて心臓の拍動が多くなっているわけです。

 

薬による分泌抑制が進むと、粘膜が乾燥して痛くなってきます。

 

風邪でもなくヽ花粉症でもなくヽ普段は鼻が詰まることもない人が、「どうも鼻が詰まってきた」と感じたら、何らかのストレスを受けて、そこから脱却している途中なのだと思えばいいわけです。

 

この鼻詰まりを治すためには、やはりストレスを取り除くのが一番有効です。

 

花粉症の場合も、解消法は同じです。

 

仕事が忙しく運動不足のため、食事などで副交感神経を優位にしてストレスを解消している人が、ある日突然、花粉症になることがあります゜その理由はヽ極限まできたストレスを解消するためにヽ副交感神経が極度に優位になったせいと考えられます。リンパ球がどんどん増えて、花粉に反応し始めるわけです。

 

花粉症の原因は、ほとんどがストレスによる疲れだと考えられます゜ですから、本当に花粉症を治すにはヽストレスを軽減するしかないのです。






このページの先頭へ