6.あごから鎖骨へ流す【左右各6回】


マッサ。ジでほぐされた老廃物を、回収地点の鎖骨まで誘導します。リンパの流れに沿って、あご→耳→鎖骨の順に流すと、フェイスラインか整ってひと回り小顔に。むくみが慢性化するとセルライトの原因になってしまうので、むくみには早めの対処を。 【やり方】 ①顔を少し右に傾け、右手の指3本をあごにあて、左の耳までやさしくさすり上げます。②人さし指と中指で耳を挨むようにして止めます。③続けて首の側面を鎖骨までなで下ろします。反対側も同様に。



5.額の筋肉を強くさする【3セット】


準備マッサ。ジで横方向にもみほぐし、4のマッサ。ジでサイドを引き上げた前頭筋。面積が広く厚みもあるため、縦方向にも圧力をかけ、下がった筋肉を刺激しましょう。前頭筋の内側は、思考をつかさどる前頭葉があり、疲れが出やすい場所。上下に強くさすって引き上げやすい状態へ導きましょう。 【やり方】 両手の指を額に密着させ、筋肉の方向に沿って額を持ち上げるように、下から上に強めにさすります。額中央から外側に向けて指をずらしながら、額全体をジグザグにさすり上げます。指はしっかり密着させること。



4.こめかみの筋肉を伸ばす【左右各6セット】


額を縦に走る前頭筋は、額を覆う大きな筋肉であるため、疲れかたまってくるとこリ固まってしまい、両サイドから下に下がってきます。下がってしまった前頭筋を正しい位置に戻すマッサージを行うと、元に戻ろうとする強い力が発揮され、目尻か上がります。 【やり方】 目を閉じて、首を少し右に傾け、右手の指をそろえて左のこめかみにあてます。指をしっかり密着させたまま、こめかみを引き上けるように3回引っ張ります。3回目は強めに引っ張りましょう。これを1セットとします反対t。』も同様に。



3.耳の後ろの筋肉をほぐして押す【6セット】


頭の骨の めている、耳の上後方にある側頭筋を引き上げることで、側頭筋と骨格両方を`先の位置に戻すことができるマッサ。ジです。この矯正は、ほうれい線を薄くさせる効果もあり、若々しさがよみがえります。骨格から矯正をするため、引き上げる効果も長い時間持続しやすくなります。 【やり方】 目を閉じて、両手の親指を耳の後ろのくぼみにあてます。20秒程ギュ。ツとほぐしてから、斜め後方に向けて強めに筋肉を押し上げます。



2.生え際の筋肉を強く押す【6セット】


準備マッサージで顔まわりの筋肉をほぐし、1のマッサージで肩が元の位置に戻ったことで、額の筋肉は引き上がる準備万端。そこにすかさず働きかけ、下がった額を元の位置に引き上げます。まぶたも引き上がり、より多くの光を反射して輝く若々しい目もとかよみがえります。 【やり方】 目を閉じて、両手の指を軽



1.背中の筋肉を伸ばす【6セット】


肩を本来の位置に戻し、背中の筋肉を下げやすくします。最後に腕を下ろしたところが、正しい肩の位置。デスクワークなどで前かかみになりがちな人は、より念入りに行って筋肉をほぐしてあげましょう。股は、体の横からよりも前から上げるほうが上がりやすく、肩を大きく動かすことかできます。 【やり方】 ①手のひらを上に向けて、両腕を体の前で伸ばします。②息を吐きなから両腕を真上に上げ、いったん息を吸います、③息を吐きなからひじを曲げ、両手を背中の腕のつけ根あたりにあてます,④大きく両を回しながら、できるだけ後ろの・・・






このページの先頭へ