体温を上げる性質を持つ陽性の食品をとる


東洋医学にはr陰陽論iという考えが存在します。食べ物では、水分か少なく体を温める性質を持っているものか「陽性」、水分か多く体を冷やす性質を持っているものかr陰性ロと分けられています。左の一覧表でも紹介しますか、白米、パスタ、白バンなど主食の一部か陰性に属しているため、現代人は陰性に偏りやすく、水分をためやすいのです。積極的に体温を上げる陽性のものを補い、体か冷えないよう心がけましょう。



代謝を上げる栄養素を補う


3大栄養素のひとつ、たんばく質は内臓や筋肉、皮膚、血液など体のあらゆる部分の主成分となっているほか、体調コントロールに欠かせない免疫抗体などの材料にもなっている大切な成分です。このたんぱく質が不足してしまうと、筋肉の量が低下してしまい、代謝が悪くなります。普段の食事から良質のたんばく質を取り入れ、体温が上がりやすい、疲れにくい体をつくりましょう。






このページの先頭へ