疲労解消にオススメなのはヨガです。


毎日のデスクワークで身体がコチコチにかたまったり、疲労がなかなか抜けない方は多いと思います。 私が疲れをとるために毎日行っていることがあります、それはヨガです。 ヨガというと、最近では幅広い年齢層の女性が趣味的な感覚で行っている兆しがありますが、ヨガは身体の疲れをとるのに最適な手段なんです。 疲労を感じるときって、身体がだるいとか痛いとか、とにかく不快感を感じますよね。 ヨガを行うと、身体全体に血液や酸素がめぐって、そういった不快感から解放される作用が期待できるんです。 身体が柔らかくないからヨ・・・



自分にご褒美をあげる


私が疲れを溜めないためにやっていること、それはズバリ自分にご褒美をあげる事です。 「今日は私頑張ったな」とか、「今日は疲れたな」と感じたときは、自分にご褒美をあげます。 ご褒美の種類は色々ありますが、一番多いパターンは、甘いものを買うパターンです。会社の下のコンビニで自分用のスイーツを買って帰ったり、普段は買わないようないわゆる「プチ贅沢」な物を買って帰ったりします。時間と体力に余裕があるときは、会社から帰る電車の沿線の繁華街で途中下車をして、自分で見つけたおいしいスイーツのお店に寄ることもあり・・・



無理しないことがハッピーの秘訣


ストレスって生活してればどうしてもたまってきちゃうものです。 そこで私が心がけてるのは上質な睡眠をとることと朝早く起きて自分の時間を持つこと。 つまり、一日の始まりと終わりの過ごし方にきをつけることです。 上質な睡眠をとるための秘訣としてはまず、寝る3時間前までに食事を済ませるようにしています。 胃腸を休めないとどうしてもしっかり眠れませんから。 そして、寝るときの服装も大事です。 私は寝るとき、決して部屋着やスウェットでは眠りません。 寝るときはかならずパジャマを着ています。 部屋着とかと違っ・・・



疲れを貯めないためにやっていること


疲れを貯めないために心がけていることを3つご紹介します。 ○就寝前のストレッチ 疲れを感じた日は、寝る前に必ずストレッチをしています。 ストレッチに入る前に、必ずストレッチポールで身体の緊張を緩めるようにしています。 ストレッチポールはフルサイズで10000円程度で購入できます。 ポールの上に頭~腰を乗せて左右に揺らすと、背骨や首、腰の歪みが正され、より効果的なストレッチを行うことができます。 ストレッチそのものは、就寝前なので無理に伸ばさずリラックスしながら行います。 その際、腹式呼吸を意識す・・・



温かい飲み物と甘いもの、お風呂で疲れをためない


今日は疲れたな、とかちょっと体が重いなというときには温かい飲み物を飲んでリラックスすることが多いです。 コーヒー・紅茶・ココア・お茶なんでもいいですが、夏でも温かいものを用意します。 私はどちらかといえばお茶系統が好きなので、紅茶かルイボス、玄米茶などを用意することが多いと思います。 紅茶ならミルクティーの砂糖ナシ、そのほかのお茶も砂糖は当然利用しません。 お茶と一緒に甘いお菓子を食べることが多いからです。 ビスケットなんかだとチョコレートビスケット、ケーキならなんでもOK,ダイエットを気にする・・・



よく笑って心に余裕を持つ事です


疲れると言えば、やはり気持ちが疲れる事の方が多いように感じます。 体の疲れが取れなくなったら、休んでいるのに何でだろうと考えてしまい、結局気持ちがネガティヴになると思うのです。 そんな気持ちで毎日過ごす事はちょっと寂しいので、自分の出来る範囲以上の事まで引き受けたり、カリカリ怒ったりしない事を実践しています。 あれもこれも手を出してしまうと、時間に追われてしまい、気持ちに余裕が持てず疲れてしまいます。 家庭内でも、育児や夫婦間でもイライラして怒っていると、余計に疲れます。怒るってとてもエネルギー・・・



健康的な生活と息抜きが一番


疲れをためないために、健康的な生活を心がけています。 食事は野菜をできるだけたくさん使い、味付けも薄めに心がけています。子どもがいるので肉料理や揚げ物など脂っこいものが多くなりがちなので、サラダをつけたり、肉料理をしたら翌日は魚や和食にするなどしています。幸い子どもも味の濃いものが好きではないのでなんでも食べてくれます。 また、毎日散歩や自転車で出かけるなど軽い運動もしています。運動が苦手なのでハードなものはできませんが、散歩などなら気分転換にもなり、適度に疲れるので夜ぐっすり眠れます。体重が少・・・



その時の体の状態に合った方法でやっていること。


私が疲れを貯めないためにやっていることは、まずその時の心身の状態を知り、ストレスが溜まっていて発散したいといった時には体を動かして汗を流します。 また、カラオケで思いっきり歌って発散したり、お散歩に行って自然の空気をたくさん吸って心を落ち着かせます。 体力はあるけど、何かスッキリしないという時にはヨガをして呼吸を整えていくと、固まっていた身体が柔らかくほぐれてリラックスできます。 反対に、体力を消耗していてあまり動けないほど疲れが溜まっている時には、岩盤浴で横になってじんわり汗をかくとスッキリし・・・



限界まで頑張らないこと


肉体的な疲労は、とにかく早く寝てしまうことが一番です。 その場合は家事などちょっと手抜きして、最低限と自分で決めたところでやめておきます。 例えば、お風呂掃除は明日にする、もしくは旦那さんか子供にお願いしてみたり、その日の晩ご飯は冷凍庫に備蓄していた冷凍ピザや冷凍うどんで簡単に済ませるなど、いざという時の切り札を惜しみなく使います。 そうして睡眠時間を確保したら、あれこれやりたいことがあってもとにかく寝てしまうことです。 とりあえず今日は疲れたから業務は終了します、と家族に告げたら夜8時には布団・・・



ハーブティーとお風呂でリラックス、質のいい睡眠で疲れ知らず


お風呂入るときは必ず入浴剤を入れて入るようにしています。 湯船に入ることで血行を良くして疲労回復効果があるのです。 さらに入浴剤には疲れを取るだけではなく、アロマテラピーの効果があるのでリラックスができます。 どんな入浴剤がいいのかと言われるとこればかりは人にもよるので、「これがおすすめ」というものがありません。 あくまでも自分にとっていい香り=いい入浴剤なのでいろいろ使ってみるとわかります。 お風呂上がりの水分補給としてハーブティーがおすすめです。 一番いいのは「カモミール」です。 もちろん、・・・



好きな景色を眺めながら一息、そして景色に沿って歩くことでリフレッシュ


家事や仕事に追われていながらも、単調な毎日は言葉にならない「疲れ」がたまるものです。 専業主婦の場合、家族以外の人と話さないこともあって、なんだか家事の疲れがとれずに一日終わってしまうことがあるのですよね。 そんな時、私はコーヒーを携帯マグに入れて近くの海まで散歩に行きます。 そこにはひとつだけベンチがあって、時々先客がいるのですが、いつもそこから景色を眺めています。 15歳からサーフィンをしていたので、海はなんとなく自分の中の一部なのかな。そんな海をなにも考えず眺めるだけでなんだか疲れが取れる・・・



ぬるま湯入浴とふくらはぎマッサージ


女性は仕事を持っていても、帰宅してから家事が待っているので、息つくひまもなく、あっという間に夜になってしまいます。 動いている間は、そう感じないのですが、ふと、休んだ瞬間に「疲れ」を感じることが多々ありますが、その日のうちの疲れを翌日に持ち越さないために実践していることがいくつかあります。 まず、ぬるめのお風呂にゆっくりつかることです。私は15分程入っています。その時は心臓に負担がかからないように、心臓の下あたりまでお湯につかるようにしています。 そして入浴後はたっぷり水分をとって、ふくらはぎマ・・・



疲れをためないためのコツ


疲れを貯めないためには、その日の疲れはその日のうちにとることが重要です。 まず、お風呂にゆっくり浸かります。そのときに自分の好きな香りの入浴剤やアロマオイルなどをいれます。 私は最低でも30分くらい浸かります。お風呂に浸かると浸からないではその日の疲れの取れ方が、全然違います。お風呂からでたあとは、ボディオイルやクリームなどでマッサージをします。 これで、疲れやむくみがだいぶスッキリします。 つぎに、食事です。毎日、トマトやフルーツをとるようにします。 とくにトマトは疲れをとってくれます。 洗っ・・・



疲れをためない効果のあるマッサージ


私のおすすめの疲れをためない方法は、マッサージをするという事です。 マッサージ店に行って一時間もんでもらうというのも大変効果的ですが、さすがに毎日というわけには行きません。そういうマッサージはたまにのスペシャルケアとして、毎日のケアには、セルフマッサージをおすすめします。 夜、お風呂あがりに体や足にボディクリームをつけます。そして、足の裏からふくらはぎ、太ももと、最初は下半身を中心にマッサージをしていきます。 特に足の裏は熱心にマッサージをしますが、体の血液の流れを考えて、必ず左足からマッサージ・・・



大声を出すのがスッキリ!


疲れを溜めない為には、大声を出すべくカラオケに行くのが定番ながら最適だと思います。 仕事の関係であまり喉を痛めることは望ましく無いのですが、たまにはそんな事がどうでもよくなるくらい疲れてしまう事もあるので思い切りも大事だと思っています。 特に選曲も重要で、バラードなんて知りませんが何か?と言いたくなるくらい特撮やアニメソングのオンパレードで3時間くらい歌ったりしています。 1人で行く時にはいきものがかりのブルーバード、この曲を知っているメンバーで行くならJAM ProjectさんのSKILLが掛・・・



疲れをとるために必ず行っていること


疲れをためないように必ず行っている事は11時には寝ることです。遅くとも12時を超えないようにしています。 12時を超えてしまうと次の日に疲れが出てしまいぐったりするのですが、11時就寝すると体も楽ですし、疲れもたまりません。 もちろん10時に寝るのがベストですが仕事が遅かったりするとなかなか難しいので11時には寝ることにしています。 あとはめんどくさくてもシャワーだけで済まさずにお風呂をためて浸かるようにしています。 シャワーで早く済ましたい気持ちになりますが全身ゆっくりつかってあげると汗も流れ・・・



私が実践している疲れを溜めないリフレッシュ方法


疲れを溜めないために、私が実践していることをまとめてみます。 先ず、早寝早起きを心掛けています。一日の疲れを取り、心身共にリフレッシュるすためには、何と言っても質の良い睡眠を取ることが大事です。 当然、睡眠時間の長さも重要ですが、それ以上に夜更かしをなるべくせず、規則正しい睡眠を取ることが肝要だと思っています。 次に、入浴時間をゆっくり取るようにしています。38度くらいの少し温めのお湯を半分くらい張った浴槽で、20分から30分間、頭をからっぽにして半身浴をするようにしています。 最後に、お風呂上・・・



子育ての疲れを日々リセット!


身体をこまめに動かす事です。毎日家事に育児に疲れますが、意外と精神的な疲れが多く身体が疲れていない場合があります。 そこで、頭と身体をすっきりさせて血行を良くするために、ながら運動やストレッチを行います。 これだけでもすっきりしますがお風呂上がりのストレッチで縮まった身体を伸ばし疲れを落します。 他には、寝る前に適度な晩酌をすることです。 身体に負担にならない程度の酒量で、旦那と一緒におしゃべりをしながら一杯飲めばストレス発散もできます。 気を使ってしゃべるのではなく夫や仲の良い友だちとのおしゃ・・・



貯めないために行っている事は2つ


ストレス社会、毎日の生活でくたくた、どんどん疲れが貯まっていく、そんな日常で私が疲れを貯めないために行っている事は2つあります。 一つ目は半身浴です。自分のお気に入りの入浴剤を入れ、音楽を聴きながら1時間くらい半身浴します。精神的にも身体的にもリラックスでき、一週間の疲れも汗と一緒にさよならです。 2つ目はしっかり寝る事。睡眠時間は7時間と決め、質の良い睡眠を取る事を心がけています。なかなか眠れない日もあると思いますがそんな時でもとりあえずベットに入ります。 ベットで横になりながら本を読んだりし・・・



疲れを貯めないシンプルな方法


私が疲れを貯めないためにいつもやっていることは、いくつかあります。最近は毎日蒸し暑く疲れやすい傾向にあるので、健康のためにも疲れをためないように工夫しています。 周りの人に何と言われようとも、休憩をまめにするようにします。暑さのために少しばててきたなと思ったら、麦茶などの冷たい飲み物を飲み、できるのだったら少し横になったり、座ったりして休憩します。 体力をつけるために、ウオーキングもします。 気温が高くなる前の早朝や、日が落ちた後の夜に、毎日最低一時間歩きます。食べるものは、野菜や肉を中心にバラ・・・






このページの先頭へ