寝室環境を整えて熟睡度をアップする


自分に合った心地よい寝具を揃えたら、次は寝室の環境を整えましょう。住宅環境にもよりますか、できれμ堰塞は、眠るためだけに使用したいものです。テレビやパソコンデスクなどがあると、昼間の生活を引きすったままになり、神経はリラックスできず、寝つきも悪くなります。静かで落ち着いた寝室をつくりましょう。 【気温と湿度】 夏は28℃、冬は13℃くらいで、湿度は50~60%がもっともリラックスして眠れるといわれています。エアコンだけで温度調節するのではなく、今話題のサーキュレーターの風を循環させれば、体にも脳・・・



クールなタオルで頭を冷やす


頭が涼しいと眠りやすくなります。ある調査では頭と足もとの温度差が4℃のときが快適に眠れるという結果がでています。寝苦しい夜は、冷蔵庫で冷やしたタオルをポリ袋に入れて、枕の上に置き頭を冷やしましょう。手軽で、しかもぐっすり眠ることができる方法です。家族の分を用意しておきましょう。 【つくり方】 ①冷蔵庫でタオルを冷やす ②1をポリ袋に入れる ③後頭部にあたるよう枕の上に置く



寝付けないときはミルクやハーブティーを


神経が高ぶって寝つけないときは、ホットミルクをどうぞ。牛乳に含まれるカルシウムは気持ちを落ち着かせる効果かあり、安眠効果のあるメラトニンも含んでいます。また、お休み前の飲み物として、ノンカフェインのハーブティーもおすすめです。心身をリラックスさせる成分が多く含まれ、種類も豊富です。 【リラックス効果のあるハーブ】 (カモミール) 神経か過敏なときや.更年期障害による不眠などにも効果があり、女性の味方のハープです。 (レモングラス) レモンの香りかさわやかでスッキリとしたお茶です。疲れがとれて、気・・・



自分にあった寝具を選ぶ


寝具についてどれだけ注意を払っていますか。デザインだけで選んでいませんか。疲れないよう心地よい眠りを得るためには、布団や枕の果たす役割は非常に大きく、保温・保湿・吸湿などの機能を考えて選ぶようにしましょう。 【パジャマ】 多少大きめサイズで締めつけ感がなく、寝返りしやすいものを。肌触りかよく、吸湿性があり、洗濯しやすいことも大切。眠るときはきちんとナイトウエアに着替えましょう。 【掛け布団】 温かくて、ムレず、やわらかく体を包み、軽いのかよい掛け布団の条牛です。夏は通気性かよいもの、冬は葡l性・・・・



寝る前に筋肉をゆるませるぐっするストレッチ


体を動かすのが苦手な人でも、寝たままでできる簡単なストレッチです。「筋弛緩法」ともいい、息を吸いなから瞬間的に筋肉に力を入れて緊張させ、次に息を吐いて筋肉をゆるめ、リラックス。体の緊張がとけて、自然に眠りにおちていきます。 【ストレッチ方法】 ①明かりを消してあお向けに寝る ②両手にグッと力を込める ③5秒間そのままの状態を維持 ④ぱっとカを抜き10秒問休憩 ⑤両足、顔、全身も同様に行う



心地よい眠りを誘う快眠体操


体は昼間の活動で筋肉が硬くなり萎縮しています。この筋肉を解きほぐすにはストレッチがいちばん,さらにストレッチには副交感神経に働きかける効果もあり、体か眠りに入る準備を始めます。また、眠ろうとすると、いろいろなことが浮かんできて眠れなくなる人は、このストレッチをしなから、「頭をからっぼ」にしてあげましょう。 1.立った姿勢で、全身の力を抜いてリラックス。手足を振りて、ブラブラさせましょう。 2.首をゆっくりと10回ほど回したら、逆回りでもう一度。手首と足首も回します。 3.腕と肩を回します.片腕ず・・・



リラックスバスタイムで1日の疲れをとる


入浴は汗を流す、体を洗ってさっぱりするためだけでなく、のんびりとお湯につかって心と体の緊張をときほぐせれば、もう安眠は約束されたようなもの。ぬるめのお湯がおすすめです。反対に熱いお湯につかると交感神経が刺激されて、目かさえてしまうので気をつけて。もし、熱いお風呂に入る場合は寝る2時間前までに入りましょう。 【タイミング】 お風呂から上かって、体温か下がり始めるときに眠リにつくと、安眠できます,体が冷えきらないうちに、30分以内に床に就けるように調整して、入浴時間を決めてください。 【温度】 38・・・






このページの先頭へ