体質が原因のだるさもあります


■貧血 血液は、全身にくまなく酸素や栄養を運ぶ役割をしています。貧血だと、これがすみずみまで届かず、だるさやめまい、息切れなどを感じやすくなります。   ■胃下垂 胃とともに腸も下垂しており、体質的に消化管に負担がかかります。そのため食べるだけで疲れてしまい、たるくなりやすいのです。そのうえうまく消化吸収できず、栄養が体じゅうに行き渡りません。また消化管の働きをつかさどる副交感神経を過剰に刺激されやすく、それが過度なリラックスモードを促て、たるさを覚えます。   ■低血圧 低・・・



こんなことがだるさの原因になります


■季節の変わり目 気候の移り変わりが激しい時期。体温調節をする自律神経の機能が、環境の変化に対応しきれず、調子をくずしやすくなり、自律神経失調タイプのだるさが起こりゃすくなります。   ■ストレス ストレスで緊張が続くと、自律神経失調タイプのだるさが起こりゃすくなります。また、精神的な疲れによって、プチうつタイプのだるさを感じやすくなったり、デスクワークや人間関係で緊張することで、肩や腰などの筋肉に乳酸がたまり、筋肉疲れも起こります。さらに、緊張で血管が収縮し、血行不良タイプのだるさ・・・



このページの先頭へ