「ほどほどに頑張る、ほどほどに休む体」いい方法


「活動しすぎ」か「リラックスしすぎ」か-この両極端な生き方が疲れや病気の原因です。「活動しすぎ」は交感神経優位、「リラックスしすぎ」は、副交感神経が優位の生き方です。   交感神経を優位にさせる要因は、「過度のストレス」です。ストレスにはさまざまな種類がありますが、おもに現代人を脅かしているものは、次の3つです。   ①働きすぎ……自律神経のバランスを崩す最たるものでしょう。眼精疲労、冷房などによる体の冷やしすぎ、睡眠不足などが多大なストレスとなるのです。 ②心の悩み……精神・・・



このページの先頭へ