精神的なストレスや急激な環境の変化によって、自律神経の働きにひずみが生じ、さまざまな不調が起こる病気。
活動の交感神経と休息の副交感神経のバランスがくずれ、スイッチがうまく切り替わらないために、全身のだるさを感じます。
治療は、各症状をやわらげる抗不安薬のほか、自律神経調整薬が処方されます。精神的な要因がかかわる場合は、心理療法(カウンセリングなど)も行われます。






このページの先頭へ