特有の症状がはっきりとみられなかったり、検査データにはあらわれない状態で病気が潜在し、そのためにだるさが起きていることもありますたとえば立ち仕事で脚がむくむ、だるくなるという人が、総合的に判断すると「潜在性心不全」だったということがあります。
血液を送り出す心臓の働きが弱いため、うっ血が生じやすくなるのです。
ほかに、血液検査では異常がないにもかかわらずl超音波で肝臓に脂肪が沈着した「脂肪肝」がみられる「潜在性肝障害」、脳から出る甲状腺刺激ホルモンに分泌不足が認められる「潜在性甲状腺機能低下症」などがあります。



このページの先頭へ