均整ストレッチは、ゆがみのある骨に直接アブローチすることで疲れを招く原因を根本から改善します。基本ルールを守り、まずは全身をほぐしてから行いましょう。

1.上体を左右に振る
両足を腰幅よりやや広めに開き、ひざをゆるめて立ちます。体の縦の中心線を軸に、上体を左右に10回ひねって背骨をゆるめます。腕と顔は、上体に合わせて自然に振ります。

2.手を仙骨にあてる
両足を腰幅に開いて立ちます。左手を軽く握り、背骨の下にある三角形の骨、仙骨にあてます。

3.仙骨をトントン叩く
左手で仙骨をトントンと叩きなから、ゆっくりと前屈します。仙骨に振動を与えることで、背骨のねじれをひとつひとつ正していきましょう。届みきったら、ゆっくりと元に戻ります。






このページの先頭へ